Facebookが企業にオンラインイベントの請求を許可

Facebookは企業にライブのオンラインイベントの料金を請求することを許可している。

プラットフォームに新たに追加された機能により、ページ所有者はFacebookでイベントをホストし、ゲストの参加料を請求できます。

「ソーシャルディスタンスの義務がまだ残っているため、多くの企業やクリエイターがイベントやサービスをオンラインにして、既存の顧客とつながり、新しい顧客にアプローチしています。」とFacebookアプリの責任者であるFidji Simoは述べています。「人々はまた、物理的に集まらない場合、ライブビデオやインタラクティブな体験にさらに依存しています。」

プロファイルは有料ライブストリームをホストするためにFacebook Liveを使用する必要がありますが、会社は収集をパーソナライズするためにメッセンジャーで有料イベントをテストしています。新しい機能は20か国で利用できます。ユーザーはFacebookのパートナー収益化ポリシーを満たしている必要があります。

中小企業やクリエイターをさらにサポートするために、Facebookは通常のオンラインイベント料金を免除していますが、マーケティングなどの他のイベントオプションを使用すると、他の料金が発生します。

同社はまた、特定のプロファイルに添付された30%のApp Store税に対しても反発しました。

「Appleに30%のApp Store税を削減するか、COVID-19で苦労している企業のすべての費用を吸収できるようにFacebook Payを提供することを許可するように依頼しました。残念ながら、彼らは私たちの要求を却下し、SMB(中小企業)は苦労して稼いだ収益の70%しか支払われません」とSimoはFacebookの声明で述べています。

Facebookによると、アプリでのライブ放送は、より多くの群衆を引き付け続けています。 6月には、Facebookのページのライブストリームが2倍になりました。