Facebookは自撮りでボットではないことを証明するように頼むことができます

FacebookページMarcel De Grijs / 123RF Captchaが設計したテストでは、ランダムな一連の文字の入力から特定のオブジェクトを含むすべての写真の選択まで、ロボットの範囲ではないことが証明されていますが、Facebookはユーザーが本当に人間:自撮り。11月29日火曜日、Facebookは、テストのスクリーンショットがTwitterに流出した後、写真ベースの身元テストを休んでいることを確認しました。

友人が私にこれを送った:Facebookは現在、ユーザーをアカウント機能からロックアウトしており、それらのユーザーに自分のアカウントの「確認」を行って、顔の画像をスキャンして元に戻るよう要求しています。彼らの顔の画像。pic.twitter.com/T4TIsJFxX8

— Amy Goodman plsがthx(@flexlibris)でAssangeを招待するのをやめることができます2017年11月28日

テストした機能のスクリーンショットによると、ツールはユーザーに「顔がはっきりと写っている」写真をアップロードするように求めています。プロンプトには、イメージが使用された後、サーバーから削除されることも示されています。ツールは、カメラにアクセスしてその場で写真を撮る許可を求めるのではなく、アップロードを要求します。

Facebookによると、この機能は不審なアクティビティを検出することを目的としており、アカウントの作成や広告の作成など、プラットフォームがあなたの本人であることを確認したい場合は、さまざまな時点で使用できるという。 Facebookソフトウェアは自動的に写真をレビューします。 Facebookは潜在的なcaptchaツールの誤用を防ぐためのセーフガードの詳細には触れていませんが、ソフトウェアは画像が一意であり、Googleからランダムに抽出された写真ではないことを確認します。

数人のユーザーが自分の写真をソーシャルメディアネットワークに送信することに懸念を表明しましたが、後で削除された1つのツイートも、ソフトウェアが画像を確認するまでユーザーがログインできないことを示唆しています。 selfie captchaツールは現在テスト段階にあり、検証プロセスが実際にグローバルに展開されるのか、それともその展開の前にプログラムが変更されるのかは不明です。

自撮り写真を送信すると一部のユーザーに不快感を与える可能性がありますが、Facebookは、さまざまな脆弱性の悪用が確認された1年後、プラットフォームでの虐待を防止するために取り組んでいます。最近の調査では、2016年の大統領選挙中に投稿された「ユーザー」の多くがロシアのボットアカウントであることが判明しました。その調査に応じて更新された広告ポリシーでは、政治広告を購入するユーザーに本人確認と場所の確認を求めます。 Facebookは自分自身のキャプチャを促す「疑わしいアクティビティ」については何も述べていませんが、このツールは、米国を拠点とするユーザーが突然、別の国からログインしているように見える場合に使用される可能性があります。

このテストは今月、ソーシャルメディアプラットフォームがセキュリティ対策として写真を使用することを提案した2回目です。Facebookは最近、ユーザーが自分のヌード写真をアップロードして、他のユーザーがそれらの写真をリベンジポルノとしてアップロードできないようにすることもできると述べました。画像は「ハッシュ化」され、サーバーから削除されます。