コーディング知識なしでDiscordボットを作成する方法

ゲーマーのために、確執がある  メッセージングアプリ。Discordは、少人数の友人グループのチャットルームから数千人のメンバーがいる開発者アカウントまで、Slackのようなアプリでは勝てないツールと機能をゲーマーに提供します。これらのツールの1つは、ボットを作成する簡単な方法です。Discordボットは、JavaScriptコードに詰め込むことができるのと同じくらい多くのことを実行できますが、主に、大規模なチャットルームのモデレートや特定の入力コマンドによるメッセージの表示に使用されます。

ボットをプログラミングするという考えは難しいですが、サーバーに新しいユーザーを歓迎するDiscordボットを作成するために、各ステップを順を追って説明します。コーディングの知識がなくてもDiscordボットを作成する方法は次のとおりです。

参考文献

  • Discordで誰かを報告する方法
  • Discordでテキスト読み上げを使用する方法
  • Discordはチャットアプリとしてブランドを変更し、ゲームから離れています

ステップ1:Node.jsをダウンロードしてDiscordアカウントを設定する

Node.jsは無料でオープンソースのJavaScriptランタイムであり、実際にボットを機能させるために必要です。他の作業を始める前に、nodejs.orgからダウンロードしてインストールしてください。

もちろん、Discordアカウントと、ボットのテストに使用する独自のサーバーも必要です。まだ作成していない場合は、Discordapp.comにアクセスして作成してください。持っている場合は、アカウントにログインして、ボットを配置するサーバーを開きます。

また、コーディングには、WindowsのNotepad ++などのテキストエディタープログラムも必要です。

ステップ2:ボットを作成する

Discordボットをアプリにする方法

次に、ボットを機能させるためにDiscordに「アプリケーション」を作成する必要があります。これには少し時間がかかりますが、それほど複雑ではありません。ここでの目的は、Discordがコードを認識してサーバー上のボットに追加できるように、ボットの「認証トークン」を取得することです。

まず、discordapp.com / developers / applications / meにアクセスします。アカウントはログインしているはずなので、アカウントのアプリケーションリストに直接移動します。ヒット新しいアプリケーションを始めるために。ボットに名前を付けて、[ 変更を保存 ]ボタンをクリックします。

次に、右側のメニューで、[ ボット ]をクリックします新しいメニューに移動したら 、Build-a-Botオプションの下にあるAdd Botをクリックします。作成したアプリケーションが1つしかない場合は、自動的に表示されます。それ以外の場合は選択します。

ステップ3:ボットの認証トークンを取得する

不和なボットボットボックスを作る方法

App Bot Userとマークされたボックスで、「Token:Click to Reveal」という単語を探します。そのリンクをクリックすると、テキストの文字列が表示されます。これがボットの認証トークンで、コードを送信できます。誰とも共有しないでください。このトークンを使用すると、誰でもボットのコードを作成できます。つまり、トークンを持っている人なら誰でもボットを制御できます。トークンが危険にさらされていると思われる場合、良いニュースは、[ 新しいトークンの生成 ]ボタンを使用して簡単に新しいトークンを生成 できることです  。トークンをマークダウンします。すぐに必要になります。

ステップ4:ボットをサーバーに送信する

不和なボットを不和に接続する方法

次に、App Detailsと表示されたボックスまでスクロールして、長い番号であるクライアントIDを見つけます。番号をコピーして、CLIENTIDの代わりにこのURLに追加します。

//discordapp.com/oauth2/authorize?&client_id=CLIENTID&scope=bot&permissions=8

最終的なURLは次のようになりますが、この偽のURLではなく、クライアントID番号が含まれています。

//discordapp.com/oauth2/authorize?&client_id=000000000000000001&scope=bot&permissions=8

クライアントID番号を含むURLをブラウザにコピーします。これにより、Discordにボットの送信先を指示できるWebサイトが表示されます。アプリまたはブラウザーでDiscordを開いてサーバーに移動すると、動作することがわかります。チャネルはボットがルームに参加したことを示し、オンラインメンバーのリストの下の右側のメニューに表示されます。

ステップ5:コンピューターに「Bot」フォルダーを作成する

Discordボットフォルダーの作成方法

それを行っている間、ボットのすべてのファイルを保存できる、コンピューターのアクセスしやすい場所にフォルダーを作成することもできます。「DiscordBot」や「MyBot」などの簡単な名前にすると、それが正確にわかります。

ステップ6:テキストエディターを開いてボットのファイルを作成する

Discordボットパッケージコードの作成方法

テキストエディターからボット用の3つのファイルを作成します。最初に、次のコードを貼り付けます。

{

「トークン」:「ボットトークン」

}

「ボットトークン」を、ボットのアプリケーションページで以前に生成したトークンに置き換えます。トークンが引用符で囲まれていることを確認してください。次に、ファイル名「auth.json」を使用して、デスクトップ上に作成したDiscordボットフォルダーにファイルを保存します。.txtファイルとして保存しないでください。.jsonではなく.txtの場合は機能しません。

新しいファイルを作成し、次のコードを入力します。

{

「名前」:「greeter-bot」、

「バージョン」:「1.0.0」、

「説明」:「My First Discord Bot」、

「メイン」:「bot.js」、

「著者」:「あなたの名前」、

「依存関係」:{}

}

必要に応じて、著者名を自分の名前に置き換えます。ボットが何をすることになっているかを覚えておくのに便利なように、作成している内容により近いものが必要な場合は、「説明」を別の名前に変更することもできます。

このファイルをDiscordボットフォルダーに「package.json」として保存します。

ステップ7:ボットのコードを定義する

不和なボットbotjsを作る方法

There’s one more text file to make, and this is the important one that controls your bot’s behavior. You’ll want to be familiar with JavaScript to really have full control of your bot and know what you’re doing, but if you’re new to coding and just want to make something, you can copy and paste this code into the file to make a simple bot that will greet you in your server.

(Thanks to Medium user Renemari Padillo, whose bot tutorial helped us create this one. Check out his tutorial for code troubleshooting and other advice.)

 var Discord = require('discord.io'); var logger = require('winston'); var auth = require('./auth.json'); // Configure logger settings logger.remove(logger.transports.Console); logger.add(new logger.transports.Console, { colorize: true }); logger.level = 'debug'; // Initialize Discord Bot var bot = new Discord.Client({ token: auth.token, autorun: true }); bot.on('ready', function (evt) { logger.info('Connected'); logger.info('Logged in as: '); logger.info(bot.username + ' - (' + bot.id + ')'); }); bot.on('message', function (user, userID, channelID, message, evt) { // Our bot needs to know if it will execute a command // It will listen for messages that will start with `!` if (message.substring(0, 1) == '!') { var args = message.substring(1).split(' '); var cmd = args[0]; args = args.splice(1); switch(cmd) { // !ping case 'ping': bot.sendMessage({ to: channelID, message: 'Pong!' }); break; // Just add any case commands if you want to.. } } }); 

This code sets up a Discord bot that will respond to certain messages: Specifically, anything that starts with a “!” character. In particular, we’re programming the bot to respond to the command “!intro”, so if anyone types that in your server while the bot is in it, the bot will respond with a programmed message. In our code, we defined the message as “Greetings! Welcome to the server!” You can change both the prompt message and the response message by redefining them in the code above. Just make sure to maintain the single quotation marks around the messages.

Save this last text file as “bot.js” in your Discord bot folder.

Step 8: Open your computer’s “Command Prompt” and navigate to your Discord bot folder

discord botコマンドプロンプトを作成する方法

On a Windows PC, you can easily get to the Command Prompt by clicking the Windows icon and typing “Command Prompt” in the field. Once it’s open, type “cd” followed by the file path to your folder. On our test computer, the command looks like this: “cdUsersPhil’s DesktopDesktopDiscordBot.” That should change the command prompt line to include the file path to your folder.

Alternatively, you can navigate to your folder in Windows and hold Shift while right-clicking on a blank area of the folder, and choosing Open Command Prompt.

Step 9: Use the Command Prompt to install your bot’s dependencies

discord botコマンドプロンプトノードbot jsを作成する方法

Now it’s time to make use of Node.js. In the Command Prompt, with your Discord bot folder in the file path line, type “npm install discord.io winston –save.” This will automatically install files you need to for your Discord bot into the folder directly.

Also use the following command line prompt to install additional dependencies: npm install //github.com/woor/discord.io/tarball/gateway_v6

That should provide you with all the files you need.

Step 10: Run the bot

不和なボットテストを行う方法

That should be everything. To try running your bot, type “node bot.js” in the Command Prompt (make sure you’re still navigated to your Discord bot folder).

Now head back to your Discord server and try testing your bot by typing “!intro,” or “!” followed by whatever you made your prompt message in your “bot.js” file. If everything went correctly, your bot should immediately return the message you coded for it.

Congrats! You just made a Discord bot!

Step 11: Figure out if your bot has been made by someone else

Discord has a big community of people making stuff for the greater good of the service all the time, and that includes bots. There are whole databases of bots other people have made that perform a variety of functions, and often their creators make those bots available for anyone to download and use. Save yourself some time and some coding by checking out some of the usual places where Discord bots are found, to see if someone has already done your work for you.

Discordボットを検索するのに便利な場所は、Top.gg(以前のDiscordbots)とBots.ondiscord.xyz(以前のbots.discord.pw)ですが、Googleを検索する運もあるでしょう。