10代の若者の5人に1人がオンラインでいじめられており、新しいネットいじめ統計が示唆

ネットいじめ統計2017、ラベルを捨てる45009248 10代の少女がテキストメッセージでいじめられているIan Allenden / 123RF新しい調査によると、12歳から20歳までの10代と若年成人の半数がいじめられており、17%がオンラインでのいじめを経験しています。ネットいじめの統計は、世界最大のいじめ対策組織の1つであるDitch the Labelと英国の10,000人以上の若者を対象とした調査によるものです。

調査によると、インスタグラムで他のどのプラットフォームよりもネットいじめを経験した若者の数は42%であり、Facebookは37%でかなり遅れています。Snapchatは31%で3位にランクされました。調査の参加者は他のどのプラットフォームよりもYouTubeを使用していますが、ビデオに焦点を合わせたソーシャルメディアは、報告されたサイバーいじめの10%のみを担当していました。

調査参加者の71%は、ソーシャルメディアプラットフォームはネットいじめを防ぐのに十分ではないと述べています。

調査では、話の反対側も考慮し、同じ年齢層がいじめっ子である頻度を尋ねるのではなく、同じ年齢層に尋ねました。一般的にいじめを認めたのは12%であったのに対し、調査した人の70%近くが他のユーザーに対してオンラインで悪用していると答えています。若者がいじめを起こしているにもかかわらず、60%以上が「嫌なことを言う」ことはオンラインよりも害が少ないという考えに反対しました。

「ネットいじめは、引き続きオンラインの若者が直面する最大の課題の1つです。」Ditch the LabelのCEO、Liam Hackettがネットいじめの統計について書いています。「この調査は、オンライン虐待の真の範囲と影響を明らかにし、若者の大多数が、ある時点で、虐待的なオンライン行動と見なすことができる何かを行っていることを発見しました。」

いじめられた参加者の24%は経験のためにソーシャルメディアアカウントの使用をやめましたが、参加者の75%は全体で1日に数回ソーシャルメディアアカウントをチェックしていると答えています。60%以上が、ソーシャルメディアをチェックせずに1日中行くことはできないと述べています。

調査によると、ソーシャルメディアが若い世代に与える影響は、明らかなネットいじめだけではありません。回答者の約40%が、自撮り写真を共有する前に編集することは常に問題がないと答えています。12%は、自分撮りが好きな人がいないと気分が悪くなると回答しています。20%は、ソーシャルメディアのプロファイルに基づいて、彼らの人生が実際の人生よりもエキサイティングに見えることを認めました。