別のルーターでWi-Fi範囲を拡張する方法

単一のWi-Fiルーターは、より大きな家には適していません。あなたは遅かれ早かれデッドゾーンに遭遇することになり、特に子供がいる場合はすべてが失われます。幸運なことに、すべてのドラマをスキップする方法があり、必要なのはセカンダリルーターだけです。

セカンダリルーターは、Wi-Fi信号を受信して​​再送信するエクステンダーとして機能します。これは、すぐに新しいデータストリームです。これを行う方法は次のとおりです。

30/30/30のリセットを行う

すべてを設定する前に、DD-WRTルーターがデフォルト設定を使用していることを確認しましょう。これを行うには、いわゆるハードリセット(30/30/30リセット)を実行します。これにより、ルーターのNVRAMからすべての構成が削除されます。方法は次のとおりです。

リセットボタン

手順1:ルーターを電源に接続した状態で、ルーターの底面にあるリセットボタンを30秒間押し続けます。ルーターがリセットされますが、これは正常です。ボタンを押し続けます。

手順2:ここで、リセットボタンを押したまま、ルーターを取り外します。30秒待ちます。

手順3リセットボタンを押したまま、ルーターを接続します。リセットボタンを30秒間押し続けます。

そうです。ルーターをオンにした状態でボタンを30秒間押し続けてから、ルーターをオフにした状態で30秒間押し続け、さらにルーターをオンにしたまま30秒間押し続けます。これが完了すると、構成を行う準備が整います。

DD-WRTをワイヤレスリピーターとして設定する

一部のルーターモデル(特に古いルーター)では、ルーターをリピーターとしてネイティブに設定できるため、DD-WRTを使用する必要がないことに注意してください。幸い、以下の手順の多くは、外観が異なっていても、それを可能にするネイティブ設定で使用できます。たとえば、Linksysはインターフェイスが異なり、NetgearのNighthawksが使用する方法も少し異なりますが、Asusモード同様に異なります。DD-WRTをダウンロードする前にこれらのオプションを探して、利用できないことを確認してください。これにより、時間を節約できます。それ以外の場合は、DD-WRTを使用して本格的に進めることができます。

ルーターが現在ネットワークに接続されている場合は、取り外します。リピーター用のイーサネットケーブルは必要ありません。ルーターにワイヤレスで接続します。デフォルトのSSIDはdd-wrtであり、管理者のユーザー名とパスワードを設定する必要があります。

手順1:まず、[ ワイヤレス ]セクションに移動し、[ 基本設定 ]タブをクリックします。

dd-wrt-repeater-wireless-settings

手順2ワイヤレスモードリピーターに設定します

手順3:ルーターに合わせてワイヤレスネットワークモードを設定します。混合はかなり普遍的ですが、これはあなたの側でいくつかの研究を必要とするかもしれません。

手順4:ルーターと一致するようにSSIDを設定します。Potcastingを選択したのは、これが繰り返したいルーターの名前だからです。

ステップ5:[ Virtual Interfaces ]で、[ Add ] クリックします。

手順6:新しい仮想インターフェイスに一意のSSIDを付与します。Potcasting-Repeaterを使用しましたが、任意の名前を使用できます。プライマリネットワークと同じ名前を使用しないでください。

手順7[ 保存]をクリックしますが、まだ[設定の適用]をクリックしないでください。完全に終了するまで待つ必要があります。

次に、ワイヤレスセキュリティセクションに進みます。

dd-wrt-repeater-security-settings

手順1:[ 物理インターフェイス]セクションで、設定がプライマリルーターの設定と正確に一致していることを確認します。たとえば、プライマリルーターがTKIP暗号化を使用したWPA2 Personalを使用している場合は、ここで同じ設定を行い、PCまたは電話から接続する場合と同じようにキーを入力します。

手順2:次に、[ 仮想インターフェイス]セクションで、このルーターへの接続に使用する設定を確立します。これらを「物理インターフェイス」セクションの設定と同一にすることをお勧めします。

ステップ3保存をクリックしますが設定の適用は保留します

ほぼ完了しました!次に、[ セキュリティ]セクションに移動し、SPIファイアウォールを無効にして、[ WANリクエストのブロック]の下にあるすべてのチェックを外します。次に、[ 保存]をクリックします

最後に、  セットアップに移動し基本セットアップを選択します。下ではネットワーク設定、プライマリルータとは異なるサブネットにルータのIPを変更します。たとえば、メインルーターのIPが192.168.1.1の場合、リピーターのIPを192.168.2.1に設定します。 アドレスの他の番号セット(192、168など)を変更しないでください。これだけです。

dd-wrt-repeater-network-settings

これがすべて完了したら、構成したすべてのページに戻り、すべての設定が正しいことを確認します。すべてが正しいことを確認したら、[設定適用]ボタンをクリックします。ルーターが再起動し、最終的にはリピーター用に以前に選択したSSIDが表示されます。接続し、Digital Trends Webサイト(またはその他)にアクセスして、インターネットが機能していることを確認します。うまくいけば、ワイヤレスリピーターができました。

これが機能しない場合は、設定を確認するか、DD-WRT wikiで詳細を確認してください。

それを自宅に物理的に配置することになると、リピーターはプライマリルーターからワイヤレス信号を受信して​​その仕事を行うことに依存するため、デッドゾーンに配置してもあまり効果はありません。理想的には、リピーターはデッドゾーンの近くに配置する必要がありますが、適切な信号を受信できるようにルーターの近くに配置する必要があります。カバレッジと速度に満足するまで、さまざまな場所を試してください。

ルーターアプリを使用できますか?

独自のアプリを使用して設定を管理するルーターを使用している場合は、このアプリを使用してDD-WRTをダウンロードしなくてもリピーターをセットアップできる可能性があります、そうではありません。ルーターアプリを見て、リピーターモードまたはルーターをエクステンダーに切り替えることができる設定が提供されているかどうかを確認します。このオプションを見つけた場合は、モバイルデバイスにルーターを忘れさせることを忘れないでください。そうすれば、古い方法で接続を試み続けることがなくなります。

ただし、これは通常、ルーターアプリがリピーターへの切り替えをネイティブでサポートしている場合にのみ機能します。そうでない場合は、デスクトップでDD-WRTから変更を行う必要があります。多くのルーター会社はリピーターモードを段階的に廃止しているため、新しいルーターとそのアプリでは一般的ではありません。そのため、DD-WRTをお勧めします。また、Google WiFiのメッシュシステムなどの一部のルーター設定は、動作方法が原因で拡張モードとまったく互換性がありません。

DD-WRTを2番目のアクセスポイントとして設定する

ルーターが電源以外に接続されていないことを確認してください。ワイヤレス接続—デフォルトのSSIDはdd-wrtであり、管理者のユーザー名とパスワードを設定する必要があります。

基本設定ページから始めます。一部のルーター設定には、「APモード」または「ブリッジモード」と呼ばれる追加のモードがあり、2番目のアクセスポイントをセットアップするためのものです。このモードを見つけた場合は、必ずそれをアクティブにしてください。ルーターは、以下にリストされている多くの情報を自動的に取得するため、時間を大幅に節約できます。代わりに、意図せずにリピーターモードをアクティブ化しないように注意してください。これらのルーター設定の用語はあいまいになる可能性があるため、独自のルーター設定ページの詳細を検討することは常に重要です。

dd-wrt-access-point-basic

ここでは、次のことを行う必要があります。

手順1:ローカルアドレスを、プライマリルーターが使用するもの以外に変更します。192.168.1.2を使用しました後でアクセスポイントを構成するときに必要になるため、このIPをメモしておいてください。

ステップ2ゲートウェイの下のプライマリルーターが使用するIPアドレスを入力します。これは通常192.168.1.1ですが、確認してください。

手順3DHCPサーバーを無効にします。これにより、アクセスポイントがルーターと競合してIPを割り当てることができなくなります。

手順4:スイッチにWANポートを割り当てます。これは必須ではありませんが、必要に応じて後で追加のポートを提供します。

ステップ5:[ 保存 ]をクリックしますが、[ 適用 ]をクリックしないでください。ルーターの準備が整っていないため、新しい設定を適用するのが早すぎると、ルーターが正常に動作しません。

次に、[ ワイヤレス]セクションに移動し、[基本設定]サブページで次の変更を行います。

dd-wrt-access-point-wireless

手順1ワイヤレスモード  がAPに設定されていることを確認し  ます。これがデフォルトです。

手順2:SSIDを選択します。これは、必要に応じてプライマリルーターと同じにすることができますが、そうである場合は、このアクセスポイントとルーターが異なるチャネルを使用していることを確認してください。たとえば、プライマリルーターがチャネル1に設定されている場合、競合を回避するためにこれをチャネル11に設定します。それが複雑すぎる場合は、2つの異なるSSIDを使用してください。

ステップ3:[ 適用]ではなく[ 保存 ]をクリックします

次に、ワイヤレスセキュリティサブセクションに進みます。プライマリルーターと同じSSIDを残した場合は、ここにセキュリティ設定をコピーします。これにより、デバイスが2つのアクセスポイント間でシームレスに切り替わります。別のSSIDを使用した場合は、別のセキュリティ設定を使用してもかまいませんが、ネットワークを保護する場合はWPA2を使用することをお勧めします。

次に、[ セキュリティ]セクションに移動し、ファイアウォールを無効にします。このルーターはインターネットへの接続をフィルタリングしないため、これはせいぜい不要であり、最悪の場合は問題の原因となります。

上記の設定をすべて確認し、問題がなければ[設定を適用]をクリックします。次に、ルーターを再起動して、デッドゾーンの近くのどこかにあるネットワークに接続します。

有線接続が利用可能であれば、アクセスポイントはデッドゾーンの最端の角に配置できます。これにより、最も必要な場所でより良いカバレッジが可能になりますが、ネットワークへの有線アクセスがある場所によって異なります。