Twitter、トランプ氏のミームを著作権問題で覆す

Twitterは、ドナルドトランプ大統領が著作権侵害で共有している写真を削除しました。執筆時点で30万人以上が好んだツイートには、2015年のニューヨークタイムズの作品について、ピューリッツァー賞を受賞した写真家、デイモンウィンターが撮った写真が掲載されていました。

大統領は、しかし、キャプションを叩くことによって写真をミームに変えました:「実際、彼らは私を追いかけているのではなく、あなたを追いかけています。邪魔をしています。」元のツイートの継続は許可されていましたが、Twitterは「この画像は著作権者からの報告に応じて削除されました」というオーバーレイエラーでメディアを検閲しています。

pic.twitter.com/bnQMEO2i9u

—ドナルドJ.トランプ(@realDonaldTrump)2020年6月30日

Twitterは、ニューヨークタイムズによる削除通知が提出された後、写真を削除しました。「当社の著作権ポリシーに従い、著作権所有者またはその正式な代理人から送信された有効な著作権侵害の申し立てに対応します」とTwitterの広報担当者はDigital Trendsに語った。苦情はハーバード大学のルーメンデータベースによって検討されました。サードパーティの研究グループであるTwitterは、中止と拒否の手紙への対応に依存しています。

Twitterが著作権問題について大統領によるツイートを無効にしたのは今回が3回目です。先月、ソーシャルネットワークはトランプによってツイートされた医者のCNNビデオを引き下げました。「トランプ大統領がシリコンバレーマフィアに賭けられたことに対する非道な戦争が続いています。ビデオの全体の要点は、メディアや他の人がビデオを簡単に操作できる方法を示すことだったので、「操作された」というビデオのラベル付けは、全体の前提を滑稽に裏付けています。ジョークはツイッターにある」とトランプ・キャンペーンのコミュニケーション担当ディレクター、ティム・マータウは当時言った。

その数週間前に、Twitterは、著作権を侵害したとして、トランプ政権の再選キャンペーンプロファイルの2つであるチームトランプとトランプウォールームが投稿した動画も削除しました。

詳細については、ニューヨークタイムズ、トランプ政権、ツイッターに連絡しました。連絡があり次第、ストーリーを更新します。

先週、オンラインプラットフォームはトランプ政権にハンマーを落としました。2日前に、Redditは広範なヘイトスピーチのパージで、ソーシャルネットワーク上で最大の親トランプコミュニティを禁止しました。同日、Twitchはドナルドトランプ大統領のチャンネルを一時的に禁止することも発表しました。さらにFacebookは、いかにニュースに値するものであろうと、「憎悪的な」コンテンツへのフラグ付けを開始すると語った。