iPadをバックアップする方法

モバイルデバイスを定期的にバックアップすることは、退屈ですが必要な作業です。主要なコンピューティングデバイスとして使用していないiPadでは、個人の生活に関する豊富な情報(メール、メモ、写真、メッセージ、健康情報、デバイスの設定、音楽など)がまだ含まれていることを忘れがちです。 iPadが紛失、破壊、または悪用された場合に失うことを非常に残念に思う個人データを含むアプリ。

定期的なバックアップにより、必要な場合にすべての重要な情報を確実に復元できます。現在のiPadを新しいモデルに置き換えることを決定した場合、バックアップを使用すると、時間のかかるセットアップをせずに情報を新しいデバイスに簡単に転送できます。iTunesを使用して、iPadをMacOSラップトップまたはデスクトップに直接バックアップしたり、PCにバックアップしたりできます。iPadから直接iCloudにバックアップすることもできます。1つの方法は本質的に他の方法より優れているわけではありません。すべての方法はユーザーの好みに依存します。iPadを両方の方法でバックアップする方法を紹介します。

iTunesまたはMacでiPadをバックアップする

MacOS Catalina以降を実行しているMacを使用している場合は、iTunesが個別のアプリに分割されていることがわかります。手順はほとんど同じですが、接続したらFinderからデバイスを選択することから始めます。 PCを使用している場合でも、iTunesは最適なソフトウェアです。 iTunesまたはMac Finderを使用してiPadをバックアップすると、コンピューター上にある完全なローカルバックアップを作成できます。ローカルストレージは、ハードドライブの空き容量によって異なります。ローカルバックアップではデフォルトで暗号化がオフになっていますが、iTunesまたはFinderを介してiPadの暗号化バックアップを作成してコンピューターに保存できます。 iPadのバックアップにはiTunesまたはApp Storeのコンテンツは含まれません。 iBooks PDF; MP3、CD、ビデオ、書籍、写真などの同期されたiTunesコンテンツ。または、現在iCloudに保存されているデータ(iCloudの写真、テキスト、マルチメディアメッセージなど)iMessages、Apple Payの情報と設定、Apple Mailデータ、またはActivity、Health、Keychainデータ。最後の3つには暗号化されたバックアップが必要です。

Mac上のiPadのバックアップは、単一のiTunesまたはFinderのサマリーウィンドウで実行できます。この方法を使用している場合は、アプリを起動し、iPadに付属のUSBコードを介してiPadをコンピューターに接続します。 iPadのパスコードまたは「このコンピュータを信頼する」を入力するよう求められる場合があります。画面の指示に従ってください。

すべてが接続されたら、iTunesまたはFinderウィンドウの左上からiPadアイコンを選択します。iPadにヘルスデータとアクティビティデータが保存されている場合は、[ ローカルバックアップ暗号化]チェックボックスをオンにして、キーチェーンに保存される新しいパスワードを作成します。この種のプライベートデータを保存しない場合は、暗号化されていないバックアップを作成することを選択できます。次に、[ 今すぐバックアップ ]ボタンをクリックします。プログレスバーがウィンドウの上部を移動し終わるまで待ちます。次に、右下の[ 完了 ]ボタンをクリックし、iPadアイコンの横にある[取り出し ]ボタンをクリックします。それでおしまい。

iCloudでiPadをバックアップする

Wi-Fi接続を介してiCloudでiPadをバックアップできます。プロセスは簡単ですが、バックアップに対応するためにiCloudアカウントに十分なスペースがあること、および開始する前にiCloudアカウントにサインインしていることを確認する必要があります。 Appleデバイスのすべての所有者はiCloudで5GBを無料で利用できますが、バックアップで使用可能なスペースよりも多くのスペースを使用する場合は、追加のiCloudスペースを購入する必要があります。

iCloudバックアップには、すべてのデータとデバイス設定が含まれます。 HomeKit構成;ホーム画面とアプリ構成。音楽、映画、テレビ番組、アプリ、および書籍の購入履歴(コンテンツは除く)。着メロ;ビジュアルボイスメールのパスワード。連絡先、カレンダー、メモ、iCloud写真、共有写真、iMessages、音声メモ、テキストおよびマルチメディアメッセージ、健康データ、他のクラウドサービス(Gmail、Exchange、およびApple Mail)、Apple Payの情報と設定、Face IDとTouch IDの設定。 iCloud経由のバックアップは常に暗号化されます。

ipadをバックアップする方法ipadbackup1ipadをバックアップする方法ipadbackup11ipadをバックアップする方法ipadbackup22ipadをバックアップする方法ipadbackup33

iPadで、安全なネットワークに接続していることを確認します。次に、[設定]> [Apple ID]> [iCloud]に移動し、[ iCloudバックアップ]をタップします。ボタンを緑色に切り替えて[ OK ]をタップし、iCloudバックアップを有効にします。その時点で、デバイスを接続したときにiPadがコンピューターに自動的にバックアップされなくなることを通知するアラートが表示されます。バックアップが有効になっていることを通知するポップアップアラートも表示される場合があります。次に、[ 今すぐバックアップ]コマンドをタップします。コマンドの下に進行状況バーが表示されます—完了するまで待ちます。次に、最新のバックアップの時刻を示す表記が表示されます。 iCloudバックアップを有効にすると、iCloudは24時間ごとにiPadをバックアップします。

最も重要なデータに優先順位を付けることで、バックアップを管理することもできます。無料のiCloudアカウントに追加したくない場合は、スペースを節約できます。[ストレージ管理]コマンドをタップして、iPadを選択するだけです。[ すべてのアプリを表示 ]オプションをタップして、iPadアプリの完全な名簿を表示します。次に、一部のスイッチをオフに切り替えます。

ipad manage1をバックアップする方法iPad manage2をバックアップする方法iPad manage3をバックアップする方法

バックアップを自動的に実行するように設定できるため、iCloud経由でバックアップする場合、バックアップを手動で変更する必要はありません。これを行うに は、iPad設定でiCloudバックアップを有効のままにしておきます。次に、iPadを電源に接続し、安全なWi-Fiネットワークに接続して、デバイスの画面をロックします。その期間中にiPadに加えた変更のみがアップロードされます。

もう1つ:バックアップ方法を選択する必要はありません。同時に実行することはできませんが、両方を実行できます。これにより、いつでもどこからでもデータをバックアップおよび取得でき、完全なバックアップを自宅のコンピューターに保存して、簡単にアクセスできるようにし、万が一に備えてクラウドにバックアップすることもできます。