Android 10でジェスチャーナビゲーションコントロールを使用する方法

Googleのモバイルオペレーティングシステムの最新バージョンであるAndroid 10には、多くの優れた新機能が搭載されています。ボタンをタップするのではなく、スワイプやその他のアクションを使用して電話を制御するジェスチャーナビゲーションが、現代の電話のナビゲーションのユニバーサルモードになりました。Android 10では、Googleがジェスチャーコントロールに最後のタッチを加え、最後のいくつかのソフトキーを廃止し、AppleのiOSのジェスチャーナビゲーションに似たシステムを作成しました。

最後のトレーニングホイールを外すのと同じように、新しいジェスチャーでは、少し練習する必要があり、筋肉の記憶を釘付けにできます。すべての最新の変更を分析し、スワイプ、ドラッグ、およびAndroidデバイス内をすばやく移動できるようになりました。

ジェスチャーナビゲーションをオンにする方法

Android 10のジェスチャーでジェスチャーナビゲーションを使用する方法をオンにします1Android 10ジェスチャーでジェスチャーナビゲーションを使用する方法2Android 10のジェスチャーでジェスチャーナビゲーションを使用する方法3

新しいナビゲーションコントロールをテストする場合でも、実証済みのメソッドに戻す場合でも、ナビゲーションメソッドを変更する方法を知る必要があります。ナビゲーション方法を切り替えるには、設定アプリに移動し、[ システム] > [ ジェスチャー] > [ システムナビゲーション]をタップします。あなたは3つのオプションに直面するでしょう:

  • 3ボタンナビゲーションは従来のAndroidナビゲーションシステムで、画面の下部に戻る、ホーム、アプリの切り替えボタンがあります。
  • 2ボタンナビゲーション  は、Android 9.0 Pieで導入されたジェスチャーナビゲーションで、スワイプ可能な丸型のホームボタンと独立した戻るボタンがあります。
  • リストの一番上は、ジェスチャーナビゲーション — Android 10の新しいシステムです。このオプションをタップしてオンにします。オフに戻すには、同じメニューの他のオプションのいずれかをタップします。

Android 10のジェスチャーナビゲーションの使用方法

ジュリアン・チョッカトゥ/デジタルトレンド

そのため、新しいジェスチャーナビゲーションメソッドを試してみることにしましたが、使い慣れたボタンがすべて消え、携帯電話を制御する方法がわかりません。心配する必要はありません。知っておく必要のあるすべての便利なジェスチャーをまとめました。

Android 10のホームページに戻る

ホームページに戻ることは、電話で最も重要な機能の1つですが、ホームボタンなしでそれを行うことは不可能のようです。家に戻るには、画面の下部(細いバーの近く)に指を置き、開いているアプリが消えるまで上にスワイプします。

Android 10に戻る

家に帰るのと同じように、戻るボタンがないと戻るのが難しいと思うかもしれませんが、それも事実ではありません。戻るには、画面の右または左からドラッグして戻る矢印アイコンを引き出し、離すと戻ります。これは、画面の左側または右側のほぼすべてのポイントから実行できるため、大きな画面に最適です。

back関数の感度が適切でないと感じた場合(トリガーがかかりすぎているか、まったくないかに関わらず)、設定の感度を変更できます。ただ、頭に設定 ]> [ システム ]> [ ジェスチャー > システム・ナビゲーション、およびの右側にある歯車をタップジェスチャーナビゲーション感度を変更します。感度が高くなると、写真のギャラリーをスワイプすることが難しくなるので注意してください。

Android 10で最近のアプリリストを開く方法

マークヤンセン/デジタルトレンド

Android 9.0 Pieのジェスチャーと同様に、最近のアプリリストへのアクセスは、ホームジェスチャーと同様のジェスチャーに関連付けられていますが、今回は少し異なります。最近のアプリリストにアクセスするには、画面の下から上にスライドしますが、上にスワイプしないでください。代わりに、スワイプを完了する前に画面の任意の場所で一時停止すると、最新のアプリの端がポップアップ表示されます。画面から指を離すと、最近のアプリがポップアップ表示されます。左右にスワイプしてリストを移動し、上にスワイプしてアプリを閉じ、タップしてアプリを開きます。

知っておくべきアプリを切り替える最後の方法が1つあります。最後に使用したアプリにすばやく切り替えるには、画面下部のバーを左から右にスワイプします。

Android 10でのGoogleアシスタントのアクティブ化

Android 10アシスタントナビゲーション ジュリアン・チョッカトゥ/デジタルトレンド

Androidの古いバージョンでは、「OK Google」と言わずにGoogleアシスタントにアクセスすることは、ホームキーを押し続けることで簡単に実行できました。 Android 10がホームキーを廃止したので、その機能は消えましたか?ありがたいことではありません。代わりに、ホームページの下部にGoogle検索バーがあります。 Googleアシスタントを有効にするには、検索バーの右側にあるアイコンをタップします。

PixelスマートフォンのAndroid 10にはデフォルトで検索バーがありますが、それは他のメーカーが提供することを意味しないため、アシスタントにアクセスする別の方法があります。画面の下隅の1つに指を置き、中心に向かって斜めにドラッグします。これは、ホームジェスチャーと最近のアプリスワップジェスチャーの中間にあるため、習得するのは間違いなくトリッキーです。上にスワイプしすぎると、ホームページに戻ります。一方、ドラッグしすぎると、最後のアプリを開く可能性があります。スイートスポットは、コーナーから45度離れたところにあります。画面の下部にアシスタントのマルチカラーの線が表示されると、正しく理解できます。

なぜGoogleがこのジェスチャーがアシスタントをアクティブ化するのに最適なジェスチャーであると判断したのかについては少し難解です。これを発見する人がどれほどいるのかはわかりません。それでも、今あなたは知っています。

Android 10で画面を回転させる

これはナビゲーションコントロールのリストの従来のエントリではありませんが、Android 9.0 Pie以降、ナビゲーションバーから画面を手動で回転させることができます。自動回転をオフにして手動回転に頼るのは奇妙に思えるかもしれませんが、ベッドで横になって携帯電話を使用したことがない場合は非常に便利です。自動回転を使用すると、水平になるとすぐにスマートフォンが回転します。これは面倒です。スマートフォンを回転させたいときに電話をかける方がはるかに簡単です。

画面の自動回転をオフにするには、通知シェードをプルダウンしてクイック設定パネルにアクセスし、[ 自動回転 ]ボタンをタップしてオフにします。これで、画面を回転させたいときはいつでも、電話を目的の方向に向けてから、右下隅に表示される小さな回転ボタンをタップします。

分割画面モードを開く方法

マークヤンセン/デジタルトレンド

私たちのような人なら、おそらくAndroidに分割画面モードがあることを忘れているでしょう。それでも、それはそこにあり、それを使用する場合に役立ちます。新しいナビゲーションメソッドにより、Androidの分割画面モードにアクセスする新しい方法が追加されました。お気に入りのサイトで最新のモバイルテクノロジー開発を維持しながら、ソーシャルメディアを閲覧できるようになりました。

分割画面モードを開始するには、分割画面で開きたいアプリの1つを開きます。次に、上にフリックして最近のアプリリストを開きます。画面上部にあるアプリのアイコンをタップし、[ 画面分割]を選択します。その後、そのアプリはディスプレイの上部にズームします。その下で、最近のアプリリストは開いたままになります。リストをスクロールして、分割画面モードの別のアプリを選択できます。または、ホームページに戻って、アプリドロワーから別のアプリを選択することもできます。

これらのウィンドウの両方を個別に使用できるようになりました。一方のウィンドウにさらにスペースが必要だと判断した場合は、分割線をドラッグして、いずれかのアプリに許可されるスペースを拡大できます。どちらかを閉じるには、ラインを一方の端または他方の端まで完全に引き出し、不要なアプリを閉じます。

最後に、GoogleはAndroid向けのジェスチャーナビゲーションレイアウトを追加しました。これは、AppleのiOSに匹敵します。iOSからの移植でも、Androidのハードユーザーでも、最新のリリースは印象的です。もちろん、学ぶことはたくさんありますが、ジェスチャーをナビゲートすることで、Androidデバイスで忘れていたかもしれない便利な機能を利用できます。認める必要があります。最も難しいのは、どのジェスチャーが何を達成したかを覚えていることです。しかし、スワイプとドラッグのスキルを練習していきたいと思います。