ピンホールカメラの作成方法:ステップバイステップガイド

自分のカメラを作るという考えは気が遠くなるかもしれません。今日、カメラは非常に技術的で高価な機械と見なされています。しかし、最も基本的には、カメラは単なる穴のあるボックスであり、カメラを作ることはあなたが考えるほど複雑で費用がかかりません。最小限の素材を使用して、ご自宅で快適にピンホールカメラを作成する方法を次に示します。

上記のKarl Schwartzのビデオから、ステップバイステップのリストを作成しました。YouTubeをすばやく検索すると、見たい他の多くのチュートリアルも表示されます。

ピンホールカメラとは?

「カメラ」という言葉は、「暗い部屋」を意味するカメラオブスキュラに由来します。ピンホールカメラは、この概念の最も基本的な例の1つです。ピンホールカメラは、遮光ボックス、いくつかの写真用紙、および小さな穴(ピンで作成されることが多いため、名前が付けられています)から作られています。技術的には、どのようなサイズのボックスでも機能します。寝室でもピンホールカメラになる可能性があります。ただし、実際に画像を写真として保存する場合は、ボックスをフォト用紙に収まるサイズにする必要があります。

ピンホールは真のレンズではなく単なる開口部ですが、非常に小さいので、ボックスの反対側に画像の焦点を合わせ、そこに配置されているフォト用紙を露出します。はい、それはあなたがあなたのイメージをすぐに見ることができず、最初に紙を開発する必要があることを意味しますが、それは楽しみの一部です。

ピンホールカメラの作り方

必要なもの

ピンホールカメラの作成プロセスに入る前に、開始するために必要な材料とツールを以下に示します。これらのほとんどは一般的な家庭用品ですが、自宅で自分のイメージを安全に開発したい場合は、暗室専用のサプライ品が必要になります。イルフォードの白黒プリントに必要なものへのリンクを以下に示しますが、他のオプションが存在することに注意してください。また、Adobe Photoshop(無料トライアルの入手方法を参照)またはネガをポジに変換できる別の写真編集アプリケーションも必要です。

  • 遮光段ボール箱(靴箱など)
  • 黒い紙
  • 黒のマーカー
  • 黒テープ
  • アルミ缶
  • プッシュピン
  • 接着剤
  • はさみ
  • ペーパーカッター
  • ルーラー
  • 鋭いナイフ
  • 印画紙
  • 赤いセーフライト
  • 写真開発者
  • フォトストップバスソリューション

ステップ1:ボックスを遮光する

靴箱はほとんどの光が透過するのを防ぎますが、完全に光に耐えるようにするためにいくつかの変更が必要です(ピンホール以外からボックスに入る光源はイメージを損ないます)。

これを行うには、黒い紙のマーカーが必要です。定規を持って箱の内側を測定します。黒い紙を同じ寸法になるように切り取り、箱の内側に接着して、すべての領域が覆われていることを確認します。

ボックスの接続コーナーがまだ露出している可能性があります。これを修正するには、紙で覆われていない部分の上にマーカーと色を入れます。

箱の外側については、いくつかの黒いテープを取り、すべての端をカバーします。電気テープはあなたの最良の選択肢です。堅牢性があるため、光が透過する可能性は低くなりますが、標準の黒のテープより少し高くなります。

これはやり過ぎのように思えるかもしれませんが、光漏れによって画像が台無しになるよりは安全である方が良いです。

ステップ2:ピンホールを作成する

定規を持って、ピンホールを入れたいボックスの側面の中央にXを描きます。

次に、アルミ缶(ソーダ缶を使用できます)を取り出し、1 x 1インチのピースを切り取ります。マーカーを使用して、ボックスのXの中心の周りに輪郭(0.5インチx 0.5インチ)を描きます。

これが完了したら、ナイフを持って、輪郭を描いた箱の部分を切り取ります。カットするときは、箱の内側の紙を切らないように注意してください。これを行うと、光漏れが発生し、画像の品質に影響を与える可能性があります。

さあ、ピンホールをアルミニウムの中に入れます。アルミニウムを段ボールの上に置くのが最善です。これは、アルミニウムに穴を開けるときにクッションとして機能します。

ピンを手に取り、アルミニウムの中央に押し込みます。完全に押し通さないように注意してください。十分な大きさの穴を開けるには、ピンの最初の4分の1を押すだけです。

ステップ3:シャッターを作る

箱に開けた穴を覆うようにアルミをテープで留めます。これで、カメラの開口部が調整されました。すべてのカメラと同様に、あなたのカメラにもシャッターが必要です。シャッターは黒のテープで作ることができます。テープがピンホールを完全に覆うのに十分な長さであることを確認し、カメラから完全に取り外さなくてもテープをはがすことができるようにします。

ステップ4:ピンホールカメラを使用する

これでカメラを構築したので、テストに移しましょう。この手順では、印画紙が必要になります。暗い部屋で作業し、写真用紙を箱の中に入れられるようにカットします。ピンホールとは反対側にあることを確認してください(確実に固定したい場合は、両面テープで貼り付けてください) )。光に足を踏み入れる前に、ボックスが完全に閉じており、テープがピンホールをしっかりと覆っていることを確認してください。

露出を開始するには、黒いテープをはがしてシャッターを開きます。明るい日に屋外で撮影する場合は、約30秒の露出を目指しますが、ピンホールのサイズによっては、適切な露出時間を把握するために実験を行う必要がある場合があります。

露光時間が長いため、モーションブラーを防ぐためにカメラを静止させておく必要があります。最良の結果を得るには、それを固体表面に設定してください。人間の被写体がある場合は、できるだけ立っているか座っていることを確認してください。モーションブラーを完全に防止することはできませんが、正しく行った場合でも認識できる肖像画を得ることができます。

30秒が経過したら、テープを元の位置に貼り付けてシャッターを閉じます。重要なのは、暗い環境に入るまで写真用紙を箱に入れておくことです。

ピンホールカメラからの画像の処理

写真ネガの現像

画像の開発は難しい場合がありますが、適切なツールと練習を行うことで、自分で簡単に行うことができます。

まず、露光前と露光後の両方でフォト用紙を常に光から離してください。現像するときは、真っ暗闇の部屋にいる必要があります。ただし、赤いセーフライトを使用して見やすくすることができます。これにより、フォト用紙が露出することはありません。

暗室で準備が整ったら、ピンホールカメラから写真用紙を取り出します。開発ソリューションには2つの個別のトレイが必要です。1つはイメージの開発を開始するため(開発ソリューション)、もう1つはイメージを停止するため(ストッパーソリューション)です。

印画紙を現像液に入れ、2分間放置します。次にキッチントングをいくつか取り、現像液トレイから取り出し、ストッパー溶液に30秒間入れます。ストッパー溶液から取り除き、淡水ですすぎ、横に置きます。これで、写真ネガと呼ばれるものがあります。

写真ポジを作成する

スキャンしてコンピューターに取り込むことで、ネガをポジに変えることができます(または、写真引き伸ばし機を使用するという昔ながらの方法を採用しますが、スキャンはそれほど面倒ではありません)。

フォトスキャナーがなくても問題ありません。カメラや携帯電話で写真を撮るだけで、紙を「スキャン」できます。Photoshopで画像を開き、メニューバーから[画像]> [調整]を選択します。次に、「反転」を選択します。これにより、画像が反転し、ネガがポジに、つまり通常の画像に変わります。画像をコンピュータに保存すれば完了です。

ピンホール画像は、世界で最も技術的に優れた写真ではないかもしれませんが、独特の魅力があります。さらに、自分で作成したカメラから写真を一から作成するのは、かなり気持ちがいいです。