Chromebookの通知を管理、無効化、または非表示にする方法

Chromebook通知アラートを管理する方法Chrome OSのMichael Crider / Digital Trends通知は、OS X以降のバージョンのWindowsに組み込まれているものと似ていますが、独自の特異性があり、少し注意が必要です。Chromebookやその他のChrome OSハードウェアの通知は、拡張機能と通知対応のウェブサイトという2つの主要なソースから送信されます。Facebookのように頻繁に更新されるサイトは、初めてアクセスしたときに通知を表示するように要求します。タブとウィンドウの外に表示できるWebサイトを管理するには、以下の手順に従ってください。

ウェブサイト通知の管理

ウェブサイトの通知設定の管理を開始するには、標準のChromeウィンドウを開き、メニューボタン(アドレスバーの右端)をクリックして、[設定]を選択します。[設定]メニューの一番下までスクロールし、[詳細設定を表示]をクリックして、[プライバシー]セクションを見つけます。[コンテンツの設定]をクリックします。見つからない場合は、検索バーを使用して「通知」と入力してください。

通知1 マイケルライダー/デジタルトレンドマイケルライダー/デジタルトレンド

[コンテンツの設定]メニューには、[通知]というラベルの付いたサブセクションがあります。ここには3つのオプションがあります。

  • すべてのサイトに通知の表示を許可します。これにより、Chromebookの任意のタブまたはウィンドウでアクティブなWebサイトが、Chrome OSのデフォルトのインターフェースを介してポップアップ通知を表示できます。この設定は推奨されません。
  • サイトが通知を表示するタイミングを尋ねます(デフォルトのオプション)。このオプションでは、通知を表示する前にWebサイトに許可を求めます。答えは「はい」または「いいえ」で後で変更できます-以下を参照してください。
  • どのサイトにも通知の表示を許可しません。このオプションはその内容を正確に実行しますが、Chrome OS自体は引き続き通知(アップデートやスクリーンショットに関するメッセージなど)を表示でき、拡張機能やアプリも表示できます。

希望するオプションを選択します。上記の選択に関係なく、特定のサイトからの通知を許可または無効にする場合は、[例外の管理]ボタンをクリックします。

通知の例外 マイケルライダー/デジタルトレンドマイケルライダー/デジタルトレンド

このウィンドウでは、以前にアクセスを有効または拒否したWebサイトを許可または無効にできます。特定のWebサイトを拡張リストに追加することもできますが、この記事の冒頭にあるように、Webサイトにアクセスして画面上のプロンプトに従うだけの方が一般的には簡単です。

Chromeアプリと拡張機能

ChromeアプリとChrome拡張機能では、プライマリChrome OSインターフェースに通知を表示することもできます。これらには共通の設定メニューはありません。有効または無効にするには、それぞれの個別の設定メニューに移動して手動で変更する必要があります。Chromeのメインメニューをクリックし、マウスカーソルを[その他のツール]に合わせて[拡張機能]をクリックします。

拡張選択 マイケルライダー/デジタルトレンドマイケルライダー/デジタルトレンド

リストの関連する拡張子の下にある[オプション]リンクをクリックします。または、変更する拡張機能をプライマリURLバーに保持している場合は、関連する拡張機能を右クリックして、コンテキストメニューの[オプション]をクリックします。すべての拡張機能にオプションメニューが含まれているわけではないことに注意してください。

拡張メニュー マイケルライダー/デジタルトレンドマイケルライダー/デジタルトレンド

各拡張機能はオプションを別々に管理しますが、通知には通常、管理専用の目立つリンクまたはタブがあります。いくつかは異なるサイズまたは多かれ少なかれ情報を許可し、いくつかは単純なトグルを含みます。拡張機能から通知を削除するオプションがない場合、残念ながらそれを無効にする唯一の方法は拡張機能自体をアンインストールすることです。