Seal Poopで見つかったUSBドライブがその所有者と再会する方法

Getty Images経由のArterra / UIG

ニュージーランドの国立大気水質研究所(NIWA)で働いている科学者たちは、写真が入ったUSBスティックを、アザラシの糞の塊で発見した後、所有者と再会しました。

USBスティックが信じられないほどの旅に出たと言うのは、肉食性水生哺乳類の消化プロセスを生き延びただけでなく、糞の山の退屈な不快さに耐えられるようになったためです。

奇妙な話は2017年11月に始まり、科学者がニュージーランドの南島のオレティビーチからアザラシの糞を集め、動物の食餌を調査しました。

先月、2人のボランティアが研究に備えてサンプルを冷凍保管庫から取り出しました。そのとき、彼らは糞で覆われたフラッシュドライブを発見しました。

チームはドライブにデータがあるかどうかを確認するために熱心だったため、おそらく完全なワイプダウンを行った後、コンピューターにそれを突き刺しました。

驚いたことに、それはうまくいきました。その上で彼らはたくさんの写真とうんちが集められた場所から約60マイル、ポーポワーズベイで撮影されたビデオクリップを見つけました。

フッテージはアザラシが泳いでいるカヤックから撮影されましたが、クリップも画像も人のショットを含んでいなかったため、ドライブとその所有者を再会させるという課題は、さらに困難になる可能性があります。

しかし、NIWAはこの状況で誰もが行うことを行い、誰かがカヤックを認識したかどうかを確認するためにソーシャルメディアにクリップを投稿しました。

ニワはヒョウアザラシのうんちで見つかったUSBスティックの所有者を探しています…

このビデオを認識しますか?ヒョウアザラシの糞を分析している科学者たちは、予期せぬ発見に遭遇しました。写真がいっぱいのUSBスティックで、まだ正常に動作しています!//t.co/2SZVkm5az4 pic.twitter.com/JLEC8vuHH0

— NIWA(@niwa_nz)2019年2月5日

うんちの角度が物語を広めたかどうかは明らかではありませんが(OK、それは完全にそうでした)、今週初めにこの奇妙な物語を惜しみなく全世界で取り上げたおかげで、ドライブの所有者はたった1日のスペースにいました。

それは、アザラシに深い関心があり、しばしば動物を研究するためにその地域を訪れるキウイアマンダナリーに属しています。

Nallyは彼女が外出中にスティックを落としたと想定していましたが、USBドライブを回収した科学者は、それが糞の山の奥で発見されたため、ビーチに置かれる前にアザラシに食べられた可能性が高いと考えています。

ドライブのメーカーはまだ明らかにされていないが、同社はそのデバイスの耐久性を強調するための広告キャンペーンの一部としてナリーのストーリーを使用することをお勧めします。

また、ストレージデバイスの驚くべき堅牢性について学習したのはこれが初めてではありません。たとえば、2012年に、地震で泥で失われた20か月後、SDカードから結婚式の写真を復元できたという話を聞きました。そして、小川の底にカメラを見つけた男がいた。 CompactFlashカードは引き続き問題なく機能し、画像から手がかりを取り、写真家を追跡することができます。