キューバへの旅行方法

キューバ国会議事堂2016年7月12日の更新:米国運輸省は、いくつかの航空会社にハバナおよびその他のキューバへのフライトを提供しています。ストーリーは、最近のニュースを反映するように更新されました。

2016年3月15日の更新:オバマ政権は米国市民の旅行禁止をさらに緩和しました。キューバの観光は未だ違法ですが、アメリカ人は認定ツアーグループに参加しなくても、個人での旅行に独立して参加できるようになりました。旅行者は引き続き教育目的で訪問し、旅行の記録を5年間保管する必要がありますが、強制することは困難です。つまり、おそらくビーチでリラックスするのに困ることはありません。次の記事は、最近の変更を反映するように編集されています。

2016年2月16日、米国とキューバは、2か国間で最大110便の定期便を運航することができる航空協定に調印しました。ほとんどの米国の航空会社は、サービスを提供することに何らかの形で関心を示し、一部の会社は最前線に駆けつけました。制裁緩和を強く求めているオバマ大統領でさえ、3月に島を訪問する計画であると発表した。7月、米国運輸省は、米国内のさまざまな都市からハバナにサービスを提供する8つの航空会社を承認しました。DoTは、6月にキューバの他の都市へのルートを含む6つの航空会社をすでに獲得しています。

それでは、ついにキューバをあなたの旅行先の一番上に置くことができますか?まあ、それほど速くありません。

2015年に米国が外交関係を回復して以来、制裁は緩和されましたが、米国市民に対する多くの旅行制限が依然として適用されています。主に、まだ一般観光客としてキューバを訪れることはできません。アラスカ、アメリカン、デルタ、ジェットブルー、サウスウェスト、ユナイテッド、およびいくつかの小さな航空会社はすべてルートを獲得していますが、それでもキューバの航空行政との契約交渉が必要であり、最初のフライトは秋まで開始されない場合があります。

しかし、民間航空輸送の開始は、両国間の緊張緩和の最新の兆候です。貿易禁止措置は1960年代以降限定された商用便ですが、今日、一部の米国の航空会社はチャーター直行便の提供を許可されています。しかし、1つを利用するには、財務省の外国資産管理局が定め、以下で説明する12の合法的に許可された旅行のカテゴリーを満たす必要があります。これらの資格を満たしていない人は、キューバを訪問する別の方法を見つけ、別の国でつながることがよくあります。

合法的にキューバに入国することを許可された訪問者でさえ、高価な航空運賃に直面します。しかし、航空会社は航空会社が顧客のビジネスをめぐって競争するため、航空協定はそれを解決する可能性があります(ただし、旅行禁止規則は引き続き適用され、フライト数には上限が設けられます)。

米国とキューバの関係が完全に回復したら、観光産業がかつて禁止されていた目的地で爆発することを期待できます。いつ、そしてそれが起こったのかは、まだ明らかにされていません。大統領選挙の結果は、米キューバ関係の将来に影響を与える可能性があります。

今すぐ行きますか?キューバへの旅行について知っておくべきことはここにあります。

なぜ行きたいの?

キューバには豊かな文化と歴史があり、9つのユネスコ世界遺産があります。一部の人々は、それが一般的な観光と米国の商業主義に開放する前に今が訪れるべき良い時期であると主張します。しかし、前述のように、そこに到達するのは簡単でも安くもありません。

そこに着く

米国とキューバの政府が2月に航空協定に達する前に、いくつかの心配している航空会社は、ルートの飛行を申請する計画をすでに示していました。 2015年にキューバへの約1,200のチャーター便を飛ばしたアメリカン航空は、声明の中で「今後数週間でキューバのサービス提案を運輸省に提出するのを楽しみにしています」と述べ、マイアミのハブを主要なゲートウェイにする予定です、開始する週10便で。マイアミはキューバの人口が多いため、アメリカン航空が航空券の提供を熱望している理由は簡単にわかります。アラスカ、デルタ、ダイナミック、イースタン、フロンティア、ジェットブルー、シルバー、サウスウエスト、スピリット、サンカントリー、ユナイテッドも同様の声明と提案されたルートを発表しました。

キューバフライト

協定では、110便が米国の航空会社に割り当てられることを要求しているが、キューバの首都であるハバナへは20便しか割り当てられない。残りは9つの他の空港に分割されます。

現在、American、Delta、およびJetBlueは、ハバナへのチャーター便を提供する数少ない米国の航空会社の1つであり、チャータープロバイダーを通じて予約する必要があります。キューバへのチャーター便を販売している現在唯一のオンライン旅行ウェブサイトである、CheapAir.comから個別にフライトを予約できます。航空会社自体は、ウェブサイトを通じて予約するオプションを提供していません。すべての旅行は、12のカテゴリーのいずれかに該当する必要があります(以下を参照)。

航空協定以来、DoTはいくつかのルートを承認しています。アメリカン航空、フロンティア航空、ジェットブルー航空、シルバー航空、サウスウエスト航空、サンカントリー航空は、マイアミ、フォートローダーデール、シカゴ、ミネアポリス/セントからの路線を獲得しました。ポール、フィラデルフィア、9つのキューバの都市:カマグエイ、カヨココ、カヨラルゴ、シエンフエーゴス、ホルギン、マンサニージョ、マタンサス、サンタクララ、サンティアゴデキューバ。

しかし、より激しく争われるルートは、ハバナへのルートです。アラスカ航空、アメリカン航空、デルタ航空、フロンティア航空、ジェットブルー航空、サウスウェスト航空、スピリット航空、ユナイテッド航空は、アトランタ、シャーロット、フォートローダーデール、ヒューストン、ロサンゼルス、マイアミ、ニューアーク、ニューヨーク市、オーランドからハバナを運航します、タンパとハバナ。

有効なエントリ

一般的な観光が許可されるまで、現在の訪問者はキューバに入国する正当な理由がなければなりません。米国財務省によると、次のとおりです。

  • 家族を訪問
  • 人道支援プロジェクト、またはキューバの人々への支援
  • 米国政府、外国政府、および特定の政府間組織の公式ビジネス
  • ジャーナリズム活動
  • 専門的な研究
  • 学術機関の人による教育活動
  • 人から人へ旅行
  • 宗教活動
  • 公演、クリニック、ワークショップ、スポーツまたはその他の競技会および展示会
  • 旅行サービス、運送業者サービス、送金転送サービスを提供するための承認
  • 私立財団、研究または教育機関の活動
  • 特定のインターネットベースのサービスの輸出

制裁が緩和されたことで、より多くの米国市民がキューバに旅行できるようになりましたが、それは誰もが自由に立ち入ることができることを意味するものではありません。基準を満たしていても、ビザを申請する必要があります。幸い、それは高価ではなく、チャーター機関はあなたに代わってアプリケーションを処理することができます。

今キューバを探索したいが、個人的な楽しみ以外に実際の理由がない場合は、人から人への旅行のオプションを検討するのが最善の策です。(認定代理店経由で)設定された旅程で監督付きカルチャーツアーにサインアップするか、自分で行くことができます。前者と一緒に行く場合、ツアーでは、国のランドマークを確認し、すべての人生の歩みから居住者と交流することができます。ツアーパッケージには、航空運賃とその他の手数料を差し引いたすべてが含まれています。National Geographic Expeditionsは1つのツアープロバイダーですが、高額です。ツアーは$ 6,000から始まり、2016年のツアーはすでに空席待ちになっています。別のオプションは、約$ 1,300から始まるツアーオプションを提供するExodus Travelsです。

キューバには豊かな文化と歴史があります。

Another option is to fly through a gateway, such as Canada, Mexico, or the Bahamas, which could sometimes be cheaper, albeit longer. Legally, your travel still needs to fall under the aforementioned categories before you’re issued a visa. However, because passports aren’t stamped and you only need to sign an affidavit stating your travel meets the requirements, some visitors have been able to enter Cuba through this route. With that said, recent easing of person-to-person restrictions will make this option less attractive, in our opinion.

Since U.S. citizens aren’t required to seek permission beforehand, it’s easier to slip under the radar. However, if someone is audited and found to have entered illegally, it could result in a heavy fine or even imprisonment. We recommend finding a legitimate reason (some of the 12 categories are vague enough that you can find a legal purpose) and avoid the trouble. However, the relaxing of rules is making it harder to enforce.

Communications

Once you land, don’t expect your smartphone to work. Cuba’s cellular network is restricted to 2G – no data, just voice and SMS. But you will need a Cuban SIM card and an unlocked GSM-based “dumb” phone. Verizon and Sprint customers have roaming service for its customers, but it’s costly.

Since you won’t be able to pull up information on the fly, you will need to carry paper documents, including maps.

Wi-Fiホットスポットは、インターネットアクセスと同様に、一般に制限されています(ただし、状況は変わりつつあります)。見つかった場合、それはおそらくポーキーダイヤルアップ接続です。インターネットに確実にアクセスできるホテルに滞在している場合は、出発前に必要な情報を入手することをお勧めします。そして、もしあなたが高速インターネットを見つけることができれば、Netflixにアクセスして時間をつぶすことができるでしょう。

お金

American ExpressとMasterCardは、キューバで使用できるカードを発表しましたが、普及していません。キューバではほとんどの企業がクレジットカードやデビットカードを受け入れることができません。カードはこれらの取引を処理できる銀行によって発行される必要があります(リストには主要な銀行機関は含まれていません)。

キューバ車 Jeff Zurschmeide /デジタルトレンドJeff Zurschmeide /デジタルトレンド

Cash is king, but because the Cuban peso isn’t traded globally, you can’t exchange for it stateside. Plus, U.S. dollars face a 10-percent penalty and 3-percent fee when exchanged. To avoid the penalty, you could exchange your dollars to euros or another currency that’s accepted first (check the exchange rates to see where you can get the best deals), and then exchange those funds for Cuban pesos. Because of the penalty and fee, it’s unlikely Cuban businesses will accept U.S. currency directly.

Accommodations

Hotels are common in Cuba, but they aren’t abundant. Even though U.S. citizens are banned from vacationing there, Cuba has a booming tourism industry and receives visitors from Europe, Canada, Latin America, and even China. It’s reported that 3.5 million tourists visited Cuba in 2015, and it’s expected to grow. This places a strain on Cuba’s infrastructure.

Once U.S.-Cuba relations are fully restored, you can expect the tourism industry to explode.

If you aren’t booking through an agency, one colorful option is to search for “casas particulares,” or private homestays, via Airbnb. Last April, the company announced it was bringing the sharing economy to Cuba, since Cubans are permitted to rent out to tourists per a 1997 ruling. While these accommodations are modest, you get to interact with ordinary Cubans who would most likely share their stories and tips, so you can get the most out of the trip – through their eyes. After all, that’s the appeal of Airbnb.

Getting around

キューバの公共交通機関は時代遅れであると考えることができます。あなたが時間に追われていない場合にあなたを回ってくれる馬車とpedicabsがあります。バスは混雑する可能性があり、ポート間を移動するフェリーがあります。ほとんどの場合、歩くかタクシーに乗ることに頼るでしょう。幸いあなたにとって、それはおそらくこれまで乗った中で最もユニークなタクシーでしょう。