キッズはメッセンジャーキッズで友達リクエストを開始できるようになりました

Facebookの物議を醸すメッセンジャーキッズアプリでは、若者が自分の友達リクエストを、親の承認が必要なプロセスを使用して開始できるようになりました。13歳未満のメッセージングアプリに最近、パスフレーズを使用してプラットフォームに新しい友達を追加するよう親に依頼できるオプションが追加されました。最新のメッセンジャーキッズアップデートが8月13日月曜日に公開されました。

この機能は、子ごとに一意のパスフレーズを生成します。友達候補は、友達リクエストを開始するためにそのコードを入力する必要があります。両方の子供の親は、2人のユーザーがプラットフォームに接続する前にリクエストを承認する必要があります。

Facebookは、パスコードを生成することで、プラットフォーム上で友達を追加するプロセスを簡素化しながら、不要な友達リクエストを防止することを目指しています。両方の親がリクエストを承認する必要があるため、更新によってメッセンジャーキッズがすでに実施していたルールは変更されません。

更新が行うのは、特に両親が友達ではない場合に、友達リクエストを単純化することです。更新前は、子供が子供向けのアプリで接続するために、親は他の親を招待する必要がありました。(メッセンジャーキッズでは、プラットフォームに接続する前に両方の子供たちの親も友達である必要がありましたが、このルールは今年初めに変更されました。)メッセンジャーキッズは、保護者がFacebookアカウントを持っていることを必要としますが、この更新により、友達のリクエストが簡略化される場合があります。

パスコードフレンドリクエストは、デフォルトでオフになっているオプション機能です。つまり、親がメッセンジャーキッズの設定にアクセスして変更しなければ、何も変更されていません。この機能をオンにすると、友達を追加する手間が減り、プロセスが短くなる可能性があります。

このアップデートでは、今年初めに、保護者がスリープモードを設定できるように変更されたため、特定の時間帯に子供をロックアウトしたり、子供がアプリを使用する時間を制限したりできます。

Messenger Kidsは、Facebookの最小サインアップ年齢13歳未満のユーザーに到達しながら、子供が保護者の監督下でやり取りできるように設計されています。オンラインであり、オンラインではない友達を承認しました。