完全な自撮りへのイギリスのティーンの執着は彼をほぼ殺した

WTFセルフィー

近年、アメリカ顔面整形外科(AAFPRS)は、自撮り現象のおかげで、「ソーシャルメディアの外見をより自覚する」ために、顔の再建を求める人の増加を発見した研究を発表しました。調査に参加したこれらの人々の多くは若く、ソーシャルメディアネットワークで積極的に活動しており、悪い自撮りは、セルフショットのポートレートをより美しく見せるために劇的な変化を引き起こしています。これを一時的なものとして却下することもできますが、自撮りへの執着は危険な道を進む可能性があります。デイリーミラーによると、19歳のイギリス人の1人が完璧な自撮り写真を撮れなかったため、自殺寸前でした。

多くの1つ ダニー・ボウマンが自分から取った多くの「不幸な」自撮りの1つ。

伝えられるところによると、若い男のダニー・ボウマンは、自分のiPhoneで200以上の自画像を撮るのに1日10時間費やしていました。強迫観念は15歳のときに始まり、ひどくひどくなり、クラスを抜け出し、学校を中退し、28ポンドを失い、自宅で過剰摂取しました。彼の両親は介入しようとしました、それは彼を怒らせました。彼の自撮りに対する否定的なFacebookのコメントと、彼のアイドルであるレオナルドディカプリオのようになりたいという願望は、彼の大義を助けませんでした。

「私は常に完璧な自撮り写真を撮りたいと思っていました。そして、自分が死にたくないということに気付いたとき」とボーマンはデイリーミラーに語りました。「私は友達、教育、健康、そしてほとんどの人生を失いました。」 

デイリーミラーはボーマンをイギリスで最初の自撮り中毒者と説明していますが、ボーマンは身体異形障害、またはBDDにも悩まされています。これは、ボーマンの自撮り依存症の原因であると考えられている非常に現実的な状態です。私たちには、彼は完全に正常に見えますが、自分は完全に異なっているように見えます。彼が2011年にモデルになるためにキャストされたとき、問題は本当に始まり、テクノロジーを介して彼のルックスに取り付かれるようになりました。

私たちのほとんどにとって、自撮り現象はほほえみですが、一部の人にとっては自己破壊的なナルシシズムになる可能性があると専門家は警告し、潜在的に害をもたらす可能性があります。自撮りだけでは人々は自殺することはないかもしれませんが、彼らへの不健康な執着はある種の精神障害の警告の兆候であるかもしれません。

時間による毎日のミラー、DIY写真