Facebookはインターネットドローンを構築する努力を放棄する

フェイスブック

Facebookは独自のインターネットドローンを構築する取り組みを断念しています。

Aquila航空機の作業を終了するという決定は、開発から4年後に行われます。目的は、太陽光発電のフライングマシンを使用して、インターネットインフラストラクチャを持たない世界の遠隔地にあるコミュニティにインターネット接続を提供することでした。

しかし、今週投稿されたメッセージの中で、Facebookは2014年にアクイラのドローンの開発を開始して以来、多くの航空宇宙企業が同様の目的で高高度航空機を開発し始めたと語った。

ソーシャルネットワーキング会社のエンジニアリングディレクターであるYael Maguire氏はこの投稿で、「これらの開発を踏まえて、独自の航空機を設計または製造しないことを決定しました」と述べています。

同社は、エアバスなどのパートナーと協力してAquilaプロジェクトを存続させ、より多くの人々をオンラインにすることを目的とした他のイニシアチブにも引き続き取り組み続けると述べています。

大きな望み

Facebookはかつてそのソーラーパワードローンに高い期待を持っていました。計画では、一度に最大90日間、それらの艦隊を高高度に配備し、下のコミュニティに毎秒数十ギガビットの帯域幅を提供しました。

しかし、42メートルでボーイング737の翼幅よりも広い翼幅を特徴とするAquilaドローンの設計は、明らかに大きな課題でした。Facebookのチーフであるマーク・ザッカーバーグは、2016年の夏のブログ投稿で、克服しなければならない多くのハードルをリストアップしたことで、そのことを明らかにしました。

同じ年の終わりに、テスト飛行中の風の強い条件が着陸の試行中に航空機を墜落させたため、チームは挫折を経験しました。2017年に着陸は順調に進んでいますが、その点に到達するまでに6か月かかりました。

ドローンでの作業を中止すると、イギリスのブリッジウォーターにあるFacebook施設が閉鎖されます。結果として失われる、または転送されるジョブの数は明確ではありません。

「みんなのつながり」

マグワイア氏は、「誰にとってもどこでもつながることは、私たちの世代の大きな課題の1つです」と述べ、Facebookはさまざまな取り組みの結果として1億人近くの人々を結びつけていると付け加えました。

同社は現在、航空宇宙企業にインターネットドローンの空中投映を支援することを検討しているため、マグワイア氏はFacebookは「テラグラフのような次世代のインターネット関連テクノロジーの開発に引き続き投資し、ウガンダのファイバープロジェクト、およびExpress Wi-Fiなどのプログラムで起業家をサポートしています。これらはすべて、まだインターネットにアクセスできない40億人の人々をつなぐのに役立ちます。」

Facebookのドローンプロジェクトは、無人航空機ではなく巨大な高高度気球を使用してインターネット接続を可能にするために必要な機器を運ぶGoogleのProject Loonとある程度競合していた。