シンガポール政府はFacebookの最初の職場です

facebook職場シンガポールFacebookのオフィスチャットプラットフォームWorkplaceは、シンガポール政府による採用のおかげで、非常に勢いが増しました。

国の公務員は先月Workplaceの実装を開始し、これまでに5300人以上の公務員を含む15の機関がプラットフォームにサインアップしています。GovInsiderは、2017年3月までに、シンガポールの公共サービス全体で約143,000人のスタッフがWorkplaceを使用することになると報告しています。

行政サービスの責任者であるピーターオング氏によると、公共サービス部門の契約を結んだのは、Workplaceの親しみやすさと「Work Chat」と呼ばれるスマートフォンメッセージングアプリでした。また、アカウントを有効にした役員の82%が今週はアクティブユーザーであると付け加えました。

10月に立ち上げられたFacebook Workplaceは、会社の主力ソーシャルネットワークの設計をモデルにしており、「Work Feed」と呼ばれるオフィスのニュースフィードスタイルのタイムライン、グループ、メッセンジャー機能を備えています。排他的なプレミアムサービスであるWorkplaceは、10,000人を超えるグループの場合、ユーザーあたり月額1ドルです。

オンラインオフィスのチャットスペースは、競争の激しい市場になりつつあります。この分野ではある程度の独占を誇っていますが、Slackは現在、WorkplaceとMicrosoftが最近立ち上げたTeamsプラットフォームの両方からの課題に直面しています。現在のところ、Slackは、毎日400万人を超えるアクティブユーザーと125万人の有料ユーザーとの競争をはるかに超えています。

Facebookは第3四半期の決算電話中に、スターバックス、ロイヤルバンクオブスコットランド、ダノンなどの主要企業やブランドを含む1,000の組織がWorkplaceを使用していると主張しました。サービスの無料バージョンを提供するSlackとは異なり、Workplaceにはサブスクリプションのみのモデルという追加の利点があります。つまり、プラットフォームをすぐに本物のお金の紡ぎ手に変えることができます。

サービスを利用するというシンガポール政府の決定は、同社にとってもう一つの注目を浴びた勝利であり、訴訟に続いてより多くの行政機関をもたらす可能性さえある。