その曲をアップロードする-Sony / ATVとFacebookのリーチ契約

トップテックストーリーFacebookFacebookの20億人のユーザーは、著作権を侵害することなく、300万曲を投稿に追加できるようになりました。1月8日月曜日、ソニー/ ATVミュージックパブリッシングとFacebookは、ミュージシャンがソーシャルネットワークで共有されている音楽からロイヤルティを獲得できるようにする契約を発表しました。この契約は、ユーザーがレーベルの曲を自由に共有できることを意味し、1か月足らずで2度目の契約となります。

Sony / ATVによると、この契約は複数の地域および複数年にわたるものであり、それらの曲を含む合法的なビデオのアップロードが許可されています。この合意は、Facebook、およびFacebookが所有するInstagramとOculusに適用されます。Sony ATVによれば、この契約により、レコードレーベルの音楽を含むビデオを共有するだけでなく、Facebookユーザーは「カタログの曲で音楽体験をパーソナライズする」ことができるという。

Facebookの音楽ビジネス開発責任者であるTamara Hrivnakは、次のように述べています。「ソニー/ ATVは、デジタルスペースにおけるライターの真のリーダーであり絶対的な擁護者であり、私たちすべてのプラットフォームでホーンが新しい機会をつかむので、彼らと一緒に作業できることを嬉しく思います。」

大手音楽出版社として、Sony / ATMのカタログには、ソーシャルメディアプラットフォームで共有可能な300万曲以上が含まれています。同社の最新の人気アーティストには、ピンク、エドシーラン、テイラースウィフト、カニエウェストなどがあり、ビートルズ、レナードコーエン、ボブディラン、マイケルジャクソン、キャロルキング、クイーンなどの伝説的なアーティストも含まれています。

「この合意に署名することで、Facebookは音楽がサービスにもたらす価値を認識し、私たちのソングライターはFacebookでの音楽の使用から利益を得ることに感激しています。ソニー/ ATVの会長であるマーティンバンディエ氏は、プレスリリースで次のように述べています。

両社は、契約を通じてアーティストがどのようにロイヤリティを稼ぐかについての詳細は明らかにしなかった。

Facebookがレコード会社と提携したのは今回が初めてではない。12月、FacebookはUniversal Music Groupとの合意にも達し、同じプラットフォームでのライセンスされた使用を許可します。Facebookは、ビデオ共有オプションの拡大に焦点を当てたプラットフォームの一環として、1年近く前にレコードグループとのミーティングを開始したと伝えられています。