ゼロゼロロボット工学の買収を調査中と報告

snapchat眼鏡スランプSnapchatの親会社であるSnapは、株式市場では高く飛ばないかもしれませんが、別のメディアを通じて新たな高みに到達することを望んでいます。The Informationによると、Snapは中国の自撮りドローンメーカーである「Zero Zero Roboticsの買収交渉中」です。契約が成功したと判明した場合、メガネの成功に続くSnapのハードウェアスペースへの2番目の進出は、眼鏡です。

現状では、Zero Zeroはすでにアメリカ企業とかなりの契約を結んでいます。Appleは、ドローンメーカーの500ドルのHover Camera Passport Droneを販売する独占的権利を維持します。これは、その名前が示すように、あなたの上に浮かび、空中写真を撮ります。しかし、The Informationの筋によると、Zero Zeroは「Snapと接触したときに資金を調達しようとしていた」ようです。結局のところ、かつて成功したドローン会社が苦境に立たされたのは、これが初めてではありません。

さらに、TechCrunchが指摘したように、Snapはこれまで11時間でドローン会社の苦労を急いでいた。たとえば、同社はCtrl Me Roboticsを買収したと報じられている。

取引は1億5,000万ドルから2億ドルの範囲内であると伝えられており、これは確かに素晴らしい金額を表していますが、買収でSnapが支払った金額の最大値ではありません。ソーシャルマップ会社Zenlyを買収したとき、Snapは2億5000万ドル以上を支払ったと報告されています。

もちろん、現時点では何も確認されておらず、Zero ZeroもSnapもコメントを求めていません。それでも、そのような買収はSnapにとって十分な意味があります。ニューヨークタイムズは以前、Snapが独自のドローンの開発を調査していたと報告しましたが、現在、会社は外部の支援に頼っているようです。

スナップは、ウォールストリートでのスナップの株が過去最低を記録したのと同じ日に、ゼロゼロの買収の可能性に関するニュースが発表されたため、投資家により有望なニュースを届けるプレッシャーを感じています。水曜日の株価は13.10ドルで取引されており、3月に株式公開されたときの始値から23%下落した。